スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


向こう2年

先日、2年のワークビザ&パーミットをとりました!


これで、向こう2年はNZに住めます。仕事やめさえしなければ。



去年の不況突入以来、ビザが出にくくなってると専らの噂で、常に不安と隣り合わせでありました。
噂だけでなく、
「~の人が却下された」
「~の人は延長なのに却下された」
「~の人は却下されかかったけどあれこれ苦心してやっとこさ取れた」

とかそんなことばかり耳にして。

しかし当然といえば当然ですわ。

「不況で失業率が上がるっちゅうのにわざわざ外国人を雇わんでもよい。」


ざっくり言うとそうであります。

そんで移民局はちょっとづつ法を改正してどんどん門戸を狭めていく傾向があるので、もたもたしてると痛い目にあうこともありえます。

せやからとっとと申請してしまおう!と思ってから結局申請でけたのは7月の27日。

1ヶ月から2ヶ月はかかるやとろうと覚悟して、いざ移民局からのなんらかのツッコミに対してどうアクションしたらええかとか思いを巡らせていた一週間ちょい過ぎ、

「パスポート返ってきたぜよ」


と、フラットメイトからのTXT(ショートメール)。



帰宅したら、小さなビニール封筒にてパスポートが返却されてきた。


不安をヨソに、結果、10日弱でビザ&パーミット下りました。

なんでまたこの不況の中あっさり受理されたか、それは簡単。



「留学生だったから」


であります。

こちらの専門学校へ結構な額の学費を払って通い、その卒業後に発給される1年有効のオープンワークビザ&パーミットにて仕事を得た人には、
「Practical experience post study policy」
という名の下に簡単に発給されるんですわ。


とは言え、これは実際取れてからわかったことなので、申請中は結構な不安がありましたよ。

なんか書類の不備はなかったろうか
1年しか出なかったどーしよー
もし出んかったら・・・



いろいろ考えるもんです。


ともかくこれでまた移住まで一段階近づいたので、今度は次の段階・永住権の申請準備です。
予定では、来年明けにEOIと呼ばれる、技能移民としてふさわしい人材であるかの点数を計算しセレクションにかけられる、っていう永住権第一ステップの申請しまっせ。


時間とかいろいろかかってますけど、地道に確実な移住を進めてってます。たぶん。

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報


この記事に対するコメント

返事おそなりましたかたじけない。



やまさん、
ありがとうございます。
時間はかけとりますなぁ。
安定感は多少マシですが、まだまだこの先不安ばかりです。

ゆっきいさん、
いらっしゃいませ!そしてありがとうございます。
まだまだ移住~目標までには程遠い、ちょいとした関門を越えた程度ですねん。
健康は数少ない取柄なので、どないか維持していきます。

うにどん、
ペラペーラなのに、ハイテクぜよなぁ。
GP・・・はよいかんと・・・

だいすけチャン、
チョットでもないでー。
学費数千ドル分の費用対効果と思ってます。
ともあれそろそろ呼んで!!

2009/09/02 20:24kuriken◆xtsQx3EIURL編集

プチおめ

まいど。
Practical experience post study policyって知らんかったけど、まあ高い金はろた甲斐が(ほんのちょっとだけ)あったってことか。
でも2年は良かったね。
こっちも落ち着いてきたので、また連絡するわ。

2009/08/29 00:31だいすけ◆-URL編集

GPに登録するステップは?

パスポートが入ってる袋は、すかしてみたけど何も見えなかった。
ハイテクだぜよ。

2009/08/27 22:03うに◆-URL編集

はじめてコメントさせていただきます。

良かったですね。おめでとうございます。

健康に留意なさって、これからも頑張って下さい。

2009/08/27 01:30ゆっきい◆-URL編集

いろいろおめでとうさん!
いよいよアレの申請ですな。がんばってフォームを埋めなはれ。

しかし、時間をかけただけあって、安定しとるのぉ

2009/08/26 22:03やま◆-URL編集

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuriken.blog47.fc2.com/tb.php/284-346ba871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。