スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この一歩は道になるのか

鉄は熱い内に打て!
イコール
ネタは熱い内に書け!


てなことで、朝も早よからNZからの電話で起こされた。
誰が聞いても寝起きの声で答えてみれば、相手は為替ブローカーKVB。
ついに重過ぎる腰をどっこいしょと起こして両替の手続きに入ったのだ。

といっても当面の生活費分150万円を送金。
1万ドル以上の両替だと、希望のレートで替えられるとあって、この円安の中、すぐ替えるつもりはなかった。

ところが電話の向こうの担当の方が言うには

「当分この円安は止まらないと見られています。ご希望のレートでは半年の保管期限中には困難かと・・・」

私の希望レートは$=90円。
この数字を打ち込むこと自体、憂鬱な作業であった。
以前、資金を替えるなら68円が判断ラインと教えられていらい、狂信的にそこまで下がることを期待しつづけていたから。

すでにこの時点でアタマ悪すぎなのだったわけなのだが。


早朝のぼやけた脳みそで決断するにはツラすぎた。
しかしこの話している間も上がりかけているとのこと・・・
確かに90円超えてからの上昇はすさまじい。
88円で1ヶ月うじうじしていたところから突然上昇をはじめて、毎日来る為替メルマガを見る度、溜息をつかない日はなかった。


入金先が金利レートのよいオンラインアカウント(今7.55%)であることがわずかな希望・・・
先方もそう言っている。

そう、昨年行ったときにうまいこと口座を開いたが、どういうわけか積み立て口座を開いた。
後日アドバイスを元に、オンラインアカウントは開いておいたのだがこれがほんとによかったです。こればっかりはアドバイスくださった方に感謝するのみです。



で、半泣きの両替決定。



超低テンションクリック・・
そのレート、$=94.40円

ということで今、私は涙目です。
あの時替えていれば、という計算は決してしないでおこう。
欲(60円台になるという妄言を信じて疑わなかった)に目がくらんだ男の顛末というネタで済ましておこう。


なんにせよ私の移住計画の中で、超想定外の出来事であった。おそろしい資金量出をしてしまったと言えようか。
今更何言ってるの?という感じですが。
こんなネタ、同情引こうとして書いてると思われても否定できない。浅ましい。情けなすぎ。


これが今後の行く末をどういう風に占っていくのか、、、
ゴッドオンリーノウズ。


テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報


この記事に対するコメント

KAZさん、
メッセージ確認しました!おおきに!
これも経験ですやね。

2007/06/22 15:13kuriken◆xtsQx3EIURL編集

Mixiの方にメッセージ送ったんで、よかったら見て下さい。

2007/06/22 11:53KAZ◆-URL編集

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuriken.blog47.fc2.com/tb.php/225-53b9a249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。