スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


IELTS初対決 

初IELTSを先日土日に受けてきて、報告を忘れてましたね。

総括:対策不足が明らか。

この度受けたのは、ジェネラルモジュール。

新阪急ホテルの試験会場にはやく約80名の受験者。うち、ジェネラルは7~8名だったと思う。
女性・若者がアカデミック受験者を占め、ジェネラルは男性・30代が占める、といった感じ。わかりやすい。

今日長いですけど読んでくれますかクリック・・
試験開始。
まずはリスニング。
早速動揺!最初の問題でも聞き逃し2箇所ほど。

問題発生!
セクション2のナレーション、2人の会話だと勘違いして、えらいこの姉ちゃん長いことしゃべりよんなー、と思ってたら・・・
なんと前半5問終了。
して、当然焦る焦る。
次の5問で取り返そうとしたが、もはや迷子になってるのでもう主旨がつかめていない、して、ナレーション終了。

えええええええ

10問、落としたの??

まぁ不幸中の幸い、3択問題だったので、すべて「B」にしておいた。。。。

その時点で、えんぴつへし折って帰りたかったが、なんとかそのあと持ち直そうと努力。
なんとか最後の問題ではそこそこ聞けたで、まぁねぇ・・・40問中20問正解が関の山てとこかな。

リスニング予想バンド 5.5


リーディング。
これまた、模擬テストとは遥かにムズい。練習問題では、選択肢問題では設問に対し、回答は1つのみの問題ばかりだったが、今回のセクション1は明らかに複数回答。
設問はフラットメイト募集の広告について。

セクション4の長文読解では、見事にサマリー文の穴埋めできず。死。
熱帯のアリんこの生態についての論文。
ジェネラルでも、長文問題はアカデミック系の問題がでるみたい。

20問正解してたらええとこか。。。解答欄空白9個・・・
リーディング予想バンド 5.0ヘタ打ってたら4.5



そんな憂鬱な心のまま、もっとも高い壁。ライティング。

TASK1・・・長く会っていないEnglish-speakerの友達に、家族、自分の近況、会う約束、を織り込んだ手紙を書け
TASK2・・・最近、充分な運動もせずに不健康なダイエットをする人が居るのはなんでか?その理由と、健康的なライフスタイルをするのになにかいいアイデアはあるか?


そんな設問。
比較的、考えやすかったのでこれはラッキー!

Task1の手紙は、20分で書けた。これは奇跡。でも、150単語ギリか、ヘタすると足りてないかもな。。。
Task2は、もう考えうること書いて、絶対間違えてる文法でも書けるだけ書いてみたが、150語書いた辺でタイムアウト。
うーん、練習よりは遥かにマシな速度であったが、評価はこれ如何に。

ライティング予想スコア 全く予測付かんが、5.0くらい??


納得がいく結果なわけもなく、気をとりなおしてスピーキングに備える。といっても、いまさらナニが出来るわけもないので
「もう一度言っていただけますか?」
をすらっと言える練習のみやる。


翌日。
大阪は堂島アバンザというでっかいビルに入っている
「ブリティッシュカウンシル大阪」
が会場。
なんか試験やってる雰囲気に感じられなかったので、ちょっと戸惑った。受付してるのか、普通に事務作業しているのかしばらくわからず、座って様子を見ていた。

受付を済ませ、待つ。予定時間より10分早く呼ばれる。
ん?そんなもんか??ココロの準備がやや間に合わない。
おばちゃん試験官に呼ばれ、入室。

テストの内容は録音される。
カセットデッキのRECスイッチをガチャっと押して開始。

未だにカセットかい・・・ 

スピーキングのトピック。
TASK1:職業は?

移住のために英語勉強してまーす、と答えると、どんなところで勉強しているのかなどきかれたが、途中ツマってしまって時間切れ、Task2へ・・・

TASK2:あなたの家にある設備(電化製品、コンピュータとか)について述べろ
 ・それはなにか?
 ・それはどうやって使い方を知ったのか?
 ・それをどれくらい所持・使用しているか?

パソコンについて適当に話す。
ここまではなんとかしたが、、その次だ。

TASK3:テクノノロジーについて、社会に与える影響や、今後どうなるか、など。

について聞かれたと思うんやけど、正直、質問の主旨がちゃんとつかめていたかかなり怪しい。
試験官は相槌やときおりフォローを入れてくれたが、なんかズレた回答している空気があった。
聞き返しも、ついクセで"sorry?"とか言うてまうし。

これって、試験官が理解できなくても聞き返してきたりせぇへんのかな?知ってる方、おせーて!
今日は一度も聞き返されへんかってんけど。かなりおかしな文法を使った箇所があったし、まぁはきはき話はしたけども。

スピーキング予想バンド5.0

ということで、
総合バンド予想 5.0

LTBV申請の資格は持てるってところか。

そんなこんなで終わった初対決。
受ける!とここで宣言して何年たったろうか・・・。 
ビビってビビってここまで受けずに来たが、学校も終わった状態で受けたのはよかったかな。
5.0はかなり高いハードルだと思い込んでたが、クリアできそうだ。
でも、最低でも6.0はないと英語で仕事できる実力あるとは思ってないので、クリアすべくおべんきょします。



6月のIELTSもう一度受けようかどうか・・・いや、受けるべきやろうなぁ。



テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuriken.blog47.fc2.com/tb.php/215-7cc99a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。