How do you think about it?

明日は代休です。この数ヶ月の労働時間について、さすがに上司が猛フォローを入れてくるようになり、溜まっている代休を消化している次第です。

「代休取ります」
と先輩にメールを入れて、機嫌よく帰宅途中吉野家で焼鳥丼を食っている最中に返信が来た。
「了解。 私も今日は代休でした。」
ん? 
彼は今日居たぞ。
そう、彼は代休としながらも出勤していたのです。確かに、今は市場にモノが出荷され始めて2週間目で何時ナニが起こるか判らなく、現場に張り付いていないといけない状況。なので、勤務時間の調整のため、ヤミ休が定常化している。彼は実際、この1年近くまともに休んでいない。少なくとも、もう既に2週間休んでいない。
これはこの会社で昔からずっとはびこっていることである。とにかく人が足りないのである。そりゃ誰かがやらなきゃ誰がやる?というのは理解る。でも、サービス残業当たり前、ヤミ出勤当たり前、コストダウンの代償は、皆のタダ働きにあるのだ。

私は派遣社員。本音を言うと、ソコまでこの会社に尽くす意義がない。しかし、担当の仕事は手を抜くことはしないし、できない。
働いた分だけ報酬を貰うのは基本中の基本。刑務所での労役にもタダ働きは許されない。
ましてや、私のような派遣には恩恵はない。真っ先のリストラ対象。来年の契約は全く保障されない。タダ働きしたら誰が得するの?私は派遣元の利益のために働き、派遣先の利益のために働く。

労働の対価を貰うことでご飯を食べる。ご飯を食べるために働く。おなかがいっぱいになったので、あまったお金でモノを買う。あるモノが欲しくなるからそのために一生懸命また働く。
そういう風にお金が回らないといつまでたっても富裕層にしかお金はまわらんのだよ!



「私も代休でした」
この言葉に意味はつまり、みんな休みも犠牲にしてやってるからお前も少しは考えろ、ということみたい。邪推であろか。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuriken.blog47.fc2.com/tb.php/2-e3c30d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)