スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロングタームビジネスビザってなんだっか

1年ぶりの、「移住へのひと足」カテゴリーですけども。

さーーーーーて。

ぼちぼち"The Newzealandholic"の名に相応しいネタを久々に!

サブタイトルにも書いている、
「ロングタームビジネスビザ(LTBV)」
邦題ですと、
「長期事業査証」
です。

私がNZでやきとり屋を開業するために必要なビザです。
私のように、NZに移住したいけども、
大学行ってねぇ、
ジョブオファーもねぇ、
英語もそれほど喋れねぇ、
IELTS6.5も遠い話・・・
そんな、永住権を申請したくてもできない場合はこのビザがあります。

「長期事業」
ですので、基本的にNZで事業を起こすためのビザです。
条件としては・・・
●充分な資金と3年間の財務計画、詳細な事業計画、ニュージーランド社会に貢献できる事業内
容と事業への熱意を有する起業家。
●2年間の新規ビジネスに関連した業務経験や事業関連の資格を有すること、
●過去5年間に詐欺、破綻、不正ビジネスに関与していないこと。
●2年以内に受験したIELTSのスコアが総合5.0以上あること。

とあるんやけど、なんか分かりにくく、やや漠然とした条件・・・
そないにこのビザを取る人も少なく、イマイチ情報が足りない。

おっ、やっとそれっぽくなってきたなぁ!





そんな折、"NZ大好き.com"のクラシファイドにて、
「ビザ無料相談します」
というのを見つけ、おおっ、なんとタイムリー!とばかりにその方に早速メールしてみた。

その方はYoko Cavanaghさんという、オークランド大学大学院でイミグレーション学を勉強されているそう。ご本人の勉強を兼ねて、ビザ相談を受け付けていらっしゃいます。

以下は回答いただいたメールを転載してます。

【ビザの期間について】
LTBVは第1段階の審査が通るとまず9ヶ月のビザが発給され、その後にビジネスがプラン通りに行われているかの証明が第2段階の審査として行われる。
それが通ると残り27ヶ月のビザが発給され、合計3年間のビザとなる。


1.年間のLTBV発給数と、日本人申請者の割合
→以前は年間1,800件前後発給されておりましたが、過去最近2年間の統計では年間360件前後です。
その内日本人は年間14人~20人申請しており実際ビザを取得したのは年間4~8人となっております。
ロングタームビザの申請者数の低下の原因は英語力(IELTS5.0)の証明であると推測されております。 


2.開業資金の目安
→個人資産含めNZ20万ドル~25万ドル当たりがイミグレーションの審査がスムーズに行く目安です

3.資金証明は、NZの銀行口座でないといけないのか
→日本の銀行で大丈夫です。ただしビザ獲得後はNZの銀行にトランスファーする事になります。
(最初の第1段階の9ヶ月のビザが発給されてからの後にNZの銀行にトランスファーして、第2段階の審査で提出する事になります。)


4.申請~発給までの期間
→6ヶ月程です。 

5.キャッシュフロー計画は専門家に依頼して作成するべきなのか
→はい。必ず行ってください。
会計士にチャートを作ってもらう等、ロングタームビザは自分で書き上げるのは極めて困難ですので、専門家に頼んで申請してもらう事をお勧め致します。
ロングタームビザの代行申請料金は普通のワークビザとは違って、会計士の協力と共に綿密な書類作りが必要となるので金額的にはかなり高くなります。
通常コンサルタントですとNZ$8,000~、移民弁護士ですとNZ$10,000~程が相場の様です。


6.職務経験の証明は家業(個人経営)の場合どのようにするのか
→納税証明書が同時に必要とされます。
日本での就労証明の書き方の決まったフォームはありません。



以上がおよそLTBVを取得しようとする人の共通の疑問だと思います。
そうした人々の役立つ情報になればと思い、Yokoさんの快諾を得て記事にすることができました。

補足事項もありますが、それは続きを後日書きますのでお待ちください。(えーっと、2、3日中です・・)

Special Thanks to
Ms Yoko Cavanagh
Yokoさんへのビザ相談は、
yoko_immigration2006@yahoo.co.jp
へどうぞ!なんと無料ですよ!
blogも持ってはります。
イミグレーション最新情報!!

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報


この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/05/29 18:18◆編集

いこまいさん
お仕事、励んでおられるようですね!

>ワーホリビザも残り約3ヶ月でワークビザがあれば、カナダへの永住申請の可能性が出てきました

そうなんですか??
比較的NZよりカナダの方が永住権の申請がし易いようですね。同じ移民立国でも、国土の大きさがこうも違いすぎですからねぇ。
カナダもIELTSなんですね。

2006/05/26 03:55kuriken◆xtsQx3EIURL編集

 こんにちは。ロングタームビザはいろいろと仕組みがあって大変ですね!!。勉強になります。カナダドルはNZドルと違いなかなか98円~103円を最近は動いてますね。私のほうですが、ツアーガイドから今はホテルのハウスキーパーをやってます。ワーホリビザも残り約3ヶ月でワークビザがあれば、カナダへの永住申請の可能性が出てきました。勿論、IELTSは必要ですよ。まあこのまま終わりそうな感じかな・・・・・・。

2006/05/23 16:18いこまい◆-URL編集

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuriken.blog47.fc2.com/tb.php/159-86c5d948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。